この日本料理をベースにする創作料理の店「河」は芦屋の比較的庶民的な地域にあります。若いオーナーシェフは腕に自信と誇りを持っていました。そのことを意気に感じてこの店をデザインしました。オーナーの既成概念に囚われない料理スタイルは私のデザインスタイルと共通するものを感じていました。そこで、和の空間として伝統的な精神性は保持しながら、形骸化した日本の伝統的な様式や形に頼らない「今」の空間をデザインしようと心がけました。
 
   
 
   
 
 
 
  和のデザインなのに「のれん」や「格子」がないのにお気づきですか?
 
   
 
  客を店内中央に導くための布スクリーン。