2012年末にオープンした海鮮フランス料理のレストランは、瀬戸内で捕れる生きの良い魚介類を中心にした、お箸でも食べることができるカジュアルなフランス料理のお店です。神戸の垂水駅の北に位置し、古くは外国人の避暑地として愛されたジェームス山と呼ばれている地域にあります。近辺には郊外型のショッピングモールもある典型的な住宅地で、その地域性も考えた地元住民にも愛されるような存在感のあるレストランになるようデザインしました。
 
   
 
   
 
 
 
  窓を大きく取った外装は開放感に溢れています。
 
  それほど広くない店内は、逆にそのことが居心地の良さに繋がるようなデザインにしてあります。
 
  壁面のミラーは狭い空間をより広く見せるための工夫です。
 
   
 
  店内から入り口付近を見る。